ピンクコンパニオンの人数

ピンクコンパニオンを何人呼ぶのか、その人数は宴会の人数にも寄りますし、幹事さんしだいということになるのではないでしょうか。

【関連サイト》http://jp-maat.com/manual

例えば社員旅行であらかじめ予算を決められている場合には、その予算の中で可能となるコンパニオンの人数に限定されます。

友達同士の旅行であったり、無礼講の宴会旅行の場合に、まだはっきりとした予算を決定していない場合、接待旅行なら、お客さん1人につき、ピンクコンパニオンが1人つくというとても豪華な宴会が実現することもありますが、それが一番豪華ですね。

友達だけのグループでの旅行なら、5人の友達に対して5人のピンクコンパニオンを呼んでも、5人が5人ともメンバーが気にいるかどうか、これが気になるでしょう。

5人全員気にいったピンクコンパニオンが来るのはなかなか難しいかもしれませんね。

ピンクコンパニオンの業界にも売れっ子とそうでない子がいるので、5人呼んだら、売れっ子は割合的には1人くらいかもしれませんね。

勿論シーズンオフならそれ以上にくることもあるかもしれませんが、あたりはずれがあることは理解しておいた方がいいでしょう。

どんなコンパニオンが来るかにも寄りますが、ピンクコンパニオンの人数は、多くても少なすぎてもいけないので、分からなければホテルのスタッフに適当な人数を聞いてみるのもいいのかもしれませんね。

Comments are disabled